<< 5歳と過ごした#自粛中の話 | main | 7月のご案内 shantilotus >>

自宅サロンリフォーム 自宅サロンの作り方

yogini

vegetarian

+mama

タイマッサージセラピスト blog

 

 

 

♯自粛中 続きの話なんですが

今回2ヶ月の休業期間中に、自宅サロンリフォームを敢行

 

↑廊下に穴開けたところw

(右手が普段お客様にご利用いただいている施術室)

 

屋根裏部屋を作りましたw

 

断熱材・窓・サッシ・電気・換気穴・エアコン口を設置して

床は杉を張りました

 

正面に窓を設置し

梯子を2階廊下と階段に直線で繋いだので風通しも良いです

転落すると一番下まで落ちる可能性があるので

大工さんは最初この階段向き反対だったんですがw

 

屋根裏設置は、数年前から考えていたのですが

工事に一か月くらいの休業が必要になるため

なかなか着手出来ずにいたところ

 

我が家は一軒家なんですが、1階がオールリビングで居室は3つ

ムスメの部屋がそのうち必要になる案件

(自宅サロン始めた時は子供の事など全く考えていなかった爆)

 

旦那の部屋を明け渡すか

施術部屋を明け渡し(もう1部屋は寝室)

そのタイミングで自宅サロンをやめて

私が外にテナント出店をするか

 

業務形態についてずーっとここ数年考えてまして

 

外に出してみるのも面白いかな〜と思っていて

(ほとんどそのつもりだった)

絶対ここ!というピンときた物件があれば借りてもいいなと

(場は完全に運命とタイミングだと思ってる)

 

常に場の相場と動向をチェックしながら

ムスメの一人部屋もまだ先だし

あと数年熟考しようと思ってた

 

そんな時、今回のことが決断に後押しをしてくれました

しかも真逆の方向に!

 

今回のような事が今後も起こるかもしれない、と想定すれば

テナントの固定費リスクは増

固定費リスクがあればベッド数を増やすことになるわけですが

今後はベッド数が密なマッサージ店は難しく

1対1でのコンシェルジュサービスの需要が高まると感じます

 

つつつついに

個人サロンの時代が来るかも♡

 

と感じたw

 

いつの日か部屋をムスメに明け渡す旦那の

大量レコードCD本オーディオDJセットくらいは入るでしょうw

 

そんなわけで、近々な将来的には自宅サロン続行が決まったわけです

社会情勢という波に乗って

 

わたしとしては、ここ数年いつも物件のことばかり考えていたので

ちょっと肩の荷が降りた気持ち

 

なんでそんなに考えたのかといえば

リフォームの話じゃなくて

 

自宅サロンとはなにか

 

というテーマにずっと執り付かれていたからでw

 

(ああ話長くなりそうw)

 

ついに施術部屋の天井も張りました

この天井のデコレーションも数年考え続けて

結局というかやっぱりというか

ウィリアムモリスで覆うことに♡

 

「自分の好みでない物を家の中に絶対に置いてはならない」

 

と語ったモリスのアートと哲学がやっぱり好きだ♡

 

テーマは今も昔も

 

一度来たら絶対に忘れない施術室

 

タイ時代から相当数マッサージ部屋を見てますが

印象が残る部屋ってなかなか無い

(残る施術はいっぱい体験したけど)

 

 

 

なぜ、自宅サロンなのか?

 

この質問は内からも外からも本当によく問われます

 

ブログでも時々書いてますが

タイマッサージを生業にしようと決めて、

タイから帰って来た10数年前のワタクシ

 

日本で働くに当たって、絶対に譲りたくないことがありました

 

「体力と時間の無駄なので通勤したくない」

「いつでも好きな時に旅に出たい(自分の都合で休みたい)」

「会社や集団に所属するのは昔から苦手」

「誰かと働くのも苦手」

「人の言うことに従うのは嫌」

「全てのサロンデザインを自分で考えたい」

「常に好きなものだけに囲まれて引きこもり大好き」

 

嗚呼、社会不適応!

なんてワガママなw

ほぼ就職は無理ですね爆

 

自分が理想とする暮らしとデザインを

仕事と=イコールで結びたい

その上で大したことはなくても収益を得て

自分の好きなように生きていきたい

 

タイでも日本でも旅に出ても出ていなくても

 

つい最近までヒッピーだったとしてもw

それなのにここが日本だったとしてもですよ

 

あ、今サラっと書きましたがw

 

自分の好きなように生きたいんですよ

 

デザインも技術も遊びも妥協したくないんすよ

 

いつだってそういつだって!(しつこい)

 

つまり

 

わたしにとって、「自宅サロン」という業務形態は

「思想」と「思考」なのです

 

自分の価値観全てが詰まっていると感じますし

それを具体的にも表現したいと思っている

「場」であり、「システム」

 

もちろん妥協するわけにはいきません

 

妥協するか否かはたましいの問題ですらあると感じる

 

妥協しなければならないとしたら

それは全てわたしの問題

(社会的・技術的・人間的な実力の無さとか)なので

 

そこを諦めず進んで行かなければ

本当に望むところを具現することは出来ないでしょう

 

ついでに?洗面・脱衣所もリフォーム

お客様は使用しない場所なんですがw

 

それから「SPAの功罪」についても

 

元々ダイビングをしながら旅をしていたので

色んな国の色んなリゾートを体験してきました

 

近年はラグジュアリー化が進んで

本当に素晴らしい施設やSPAが沢山あります

 

しかし、真水を作るエネルギーを必要とし

サンゴ礁や生態系が貴重な数々の島や海岸で

そんなにSPA垂れ流してええもんなんだろうか・・・

(規模の小さな島々で排水施設とかないからね)

 

タイの島で、海の底にヘドロが毎年だんだんと蓄積していくのを

ダイバーとしては複雑な気持ちで眺めていました

 

店舗を1つ構えるに当たってのエネルギーや施設は

自宅サロンであれば

かなりの部分で生活に不可欠なエネルギーと施設で共有することが出来ます

(もちろん資本も)

 

わたしにとってこの思考は

かなり大きいウェイトを占めていると感じる

 

そこに来て今回の社会情勢でして

 

もう通勤もいらないし

引きこもっても生きていけるし

自宅で過ごすなら快適な方がいい

健康は最も必需であり

環境問題には注視するべきで

人類の在り方が問われている

 

そう思った方々も少なくないのではないでしょうか

 

1階のカーペットを新調

ルーシーダットンクラスは今後全てサロン内で開催予定です

現在はプライベートレッスンのみで

まだグループレッスンは再開致しておりませんが

きっと出来るようになる日が来る

 

 

屋根裏部屋に壁紙を貼って全工程が終了したのは

きしくも天赦一粒万倍日

翌日は夏至の日食

 

数年分の妄想が昇華してなんだかものすごくすっきりした気分w

 

はっきり言ってめちゃくちゃ良い気分✨

 

さあ、明日からも全力で引きこもり仕事させていただこう

 

「自分の好みでない物を家の中に絶対に置いてはならない」

 

モリスの言葉を胸に

 

かみさまありがとう

 

Thanks my life!

 

 

thai massage for health shanti lotus

open 月曜〜金曜 10:00~15:00

e-mail info@shantilotus.net

HP http://shantilotus.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.07.08 Wednesday
  • -
  • 20:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
daily moon pfases
CURRENT MOON
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM